ヴィンチ村のレオナルドさん。
最近レオナルド巨匠が話題にのぼる事が多かったので
本棚から引っ張りだして見ています。

b0048618_3291927.jpg


95年に(汚職の殿堂として高名な)愛知県芸術文化センターで開催された
『レオナルド・ダ・ヴィンチ人体解剖図』展の図録です。
チケットも一緒にしまってありました。^^

巨匠は「万能の人」といわれとおり、いろんな研究に没頭してそれぞれに名を残す仕事をしてますが、
この展示会は解剖学において巨匠が残したスケッチをまとめて展示するというものでした。
国内何カ所か回ったと記憶しています。
スケッチ、覚え書き、と言った内容ではありますが、なんといっても巨匠の直筆ですからね。
緻密に書き込まれた絵と鑑文字は本当に美しかったです。

オールカラーの画集はとんでもないお値段なので買えたもんじゃナイですが、
展示会図録は内容にボリュームがありつつもリーズナボーな価格ですので大好きです。

モナリザの顔にも筋肉や骨格がこんな風に隠されてるんだと思うと
巨匠の絵を見るのがさらに楽しくなります。

できれば巨匠の絵画作品をこの目で、目の前で見てみたいなぁ。
[PR]
by blueciel_blue | 2006-06-01 03:55 | ぼそっ
<< コーヒーいかがですか? しょうがない話。 >>